スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分ルール的Ten Commandments④ 

(天の声)
/説明しませn・・・いや、やっぱりしよう!\




自分ルール的Ten Commandmentsとは?

底辺うp主しののめが動画を作る時に心がけている事柄を、
Ten Commandmentsすなわち十戒よろしく10項目書き連ねるというものである。
今まで完遂した試しがないくせに懲りずに連載記事らしいぞ。
過去ログ的な何か:


今日も毒吐いちゃうゾー。どくんどくん。


4.身内ネタは避ける。


TS動画に限った話ではなく、
身内ネタというものは基本的に受け容れられがたいのです。
ほとんどタブー視されていると言ってもいいでしょう。
(身内にしかウケない=通用しないから、身内ネタなんですけど)



当人達にとってはすごく面白いんだろうけど、
部外者としては「で?っていう」としか言いようのない、
あの独特の空気。


なかなかうまい例えが思いつきませんが、

ヨソんちのホームビデオを見せられる感覚に近い、

と言えば通じますでしょうか。



「まーくん(仮名)、はじめてのハイハイ」


「3歳の誕生日でゴキゲンな、まーくん(仮名)」




へー、よかったですねー^^














で?


(全国のまーくん、ごめんなさい)



そういうのを余裕をもって受け止められるのが、
きっと大人ってことなんでしょうけれども、
私はやっぱりまだまだ子供です。


エターナルフォースチルドレン。心が死ぬ。というか死んでる。


閑話休題。


「動画を作ってみたい!」という気持ちがあって、
その気持ちのもとに楽しく作ってみる。

ここまではいいのです。大歓迎です。


でも、そうした自分の気持ちとか楽しさと同じくらいに、
動画を見てくれる人たちのことを考えるべきなんじゃないかな、と
不肖ながらしののめさんは思うわけですよ。


それは別に、見る側に媚びろって言ってるんじゃなくて、
うーん、なんと言えばよいのか…。

そう、その楽しさを自分たちだけのものにするんじゃなくて、
みんなに分け与えてみたら?みたいな。


あとほんの少しだけ見る人への気遣いができたら。

本当にみんなに楽しんでもらえるだろうかと考えることができたら。


ついでに、全ての人々が、あとほんの少しずつ優しくなれますように。
トンベリプリンセス的な意味で)

そうしたら、もっともっとステキな動画が世に溢れるのではなかろうか。

そう、思うのです。


もちろん、万人受けするようなものを作るのは難しいですし、
そもそもウケをとる必要は必ずしもないんですけどね。

でも、どうせだったら、一人でも多くの人に楽しんでもらいたいぢゃない。
うp主だもの。

前回と前々回の記事も(たぶん次の記事も)言いたいことは同じなのです。
最初からそう言えばいいのに。口下手でいけませんね。




ま、この記事の一番のツッコミどころは以下反転。
「変わらないもの」が身内ネタも身内ネタ、超私的ネタなのに、
どのツラ下げて言ってるんだっていうところなんですけどね。

しののめ顔真っ赤wwww(^Д^)9mプギャー
スポンサーサイト

コメント

|ω・`)

|ω;`)あれ、心が痛い…

|彡

>白雪うさみさん
個人ブログみたいな「自分の場所」でやる分には
一向に問題ないと思うんですけどね。
でも、ニコニコとかYoutubeとかは、
そういうところとはちょっと違うんじゃないかな、と。
どちらかというと、公の場に近い感じ。


それならば、それぞれの状況に応じた配慮をした方が
ベターではないかというお話です。
この辺が実に凡人クオリティの発想でして。

作りたいものを自由に作っていいのが
商業主義から離れた趣味人なり素人なりの特権ですが、
だからといって作る側のエゴ丸出し・自己満足のみで
作っちゃいけませんよね。
でも、プロアマ問わずそれで成功しちゃう人もいるし、
結局クオリティの問題なんですかね。


難しいねっ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eastcloudy.blog113.fc2.com/tb.php/31-1de77671

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。